武田久美子の離婚理由がヤバい!夫との結婚終止符で子供はどうなる?

, ,  

元アイドルで現在は著書やブログなどで情報発信をする武田久美子さん。
2014年に米国人の旦那との離婚が発表されました。

何故離婚をしてしまったのでしょうか。
そこには日本人と米国人との結婚に対する考え方の違いがあったようです。

専業主婦を武田久美子の旦那が認めてくれなかった

武田久美子

武田久美子さんは2000年に米国人の夫と結婚をしています。
その後、2002年に長女であるソフィアさんを出産しており、一見すると幸せな家庭を築いていました。

しかし2014年になると突如として離婚を発表しました。

その理由としては「専業主婦に対する結婚観が違った」ということだそうです。

日本では少なくなったとはいえ専業主婦となること自体に反感はありません。
ただ米国ではそうした専業主婦という考え方は定着していないそうで
子育てをしながらフルで仕事をすることが一般的なんだそうです。

そのため著書やブログでの情報発信はしていたとは言え、専業主婦として子育てに集中する武田久美子さんに旦那さんが納得をしなかったということです。

米国という日本から離れた土地に行き、そこで子育てをするだけでも大変なのに
更にフルタイムで仕事をしろと言われると確かに辛いものがありますね。

武田久美子さんと夫との間の子供はどうなるの?

■武田久美子と夫、子供画像

武田久美子と家族

離婚をするとなると、気になるのが親権です。

2002年に長女が産まれているので2014年には12歳になります。
日本でいうと小学6年生ですから来年からは中学生。

夫が親権を持つか武田久美子さんが親権を持つかによって
もしかすると中学が米国か日本かも変わってくるかもしれません。

そんな岐路に立っている武田久美子さんの子供ですが、
話によると旦那さんの方が家を出て行ったそうですので
普通に考えると武田久美子さんが子育てをしていくことになります。

そのためこのままいくと娘のソフィアさんは日本にやってくるのではないでしょうか。

国際結婚は難しい

それにしても米国では専業主婦をしようとするとケンカになって離婚の原因にまでなるとは、やはり日本とは違う国なんだなという気がしますね。

日本では経済的な事情で共働きを選ぶ人は多いですが、
米国では経済的には問題なくとも働くとうことが当たり前という感覚なのでしょうか。

日本と米国でこれだけ違うのですから、やはり国際結婚というのは難しいですね。
武田久美子さん以外にも多くの芸能人が国際結婚をされています。

その方たちも今後の結婚生活がどうなっていくのか、注目ですね。