Perfumeってライブの時も口コミなの?ちゃんと歌っている曲もあった!(生声で歌う動画あり)

 

テクノポップ系ユニットとして日本トップクラスの活躍をしているPerfume。
ファンクラブのアンケートの結果によると若い男女だけでなく幅広い年齢層にファンがいることでも話題になりました。

そんな彼女達ですが、テクニポップ系ということもあって
曲では声に加工が施されていることがほとんどです。

そのため音楽番組などでも加工済の声が流れていて
本人達は口パクのようなシーンも多く見られています。

じゃあ、ライブの時ってどうなっているんだろうと気になりますよね。

ずっと口パクだとライブに来た人もちょっとつまらないのではないかと思ってしまいます。
そこで調査をしてみると、実は意外と口パク以外の曲も歌っていることが分かりました。

■Perfume
perfume 左から「かしゆか」「あ〜ちゃん」「のっち」の愛称で呼ばれています。
3人はアクターズスクール広島の同期生でそこから努力して現在のトップスターになっています。

Perfumeのライブ、基本的には口パク

perfume2

まず前提としては、Perfumeのライブでも大半は口パクと思われる曲になっています。
これはバッキングボーカルという手法で、単にごまかしているというのではなく
きちんと伝えたい音楽を伝えるための手段なんだそうです。

ちなみにプロデューサーである中田ヤスタカさんとしては
ボーカルも、他のギターやキーボードのような楽器と同列のものなので
加工をするということ自体には抵抗はないそうです。


また、事前に用意した声を使用しているだけでなく、
リアルタイムでも変換をすることがあるそうです。

マイクを通して、電子的な処理をリアルタイムで施すことによって
声が加工されていくといったものとのことです。

リアルタイムで加工をしていると、加工しているとはいえ毎回少し違うので
確かにライブを行っても価値があるように感じますよね。

生声で歌うライブ曲もある

では、Perfumeの歌う曲は全て声が加工されているものなのでしょうか。

実はライブでは生声で歌う曲もあったりします。

それがこちら。

「時の針」という曲です。
少し加工が入っている様にも聞こえますが、少なくとも口パクではないですよね。

もう一つあります。

これは「コンピュータードライビング」。
CDなどと少し声は違いますよね。また歌っている中で少し音程がずれるところもあるので、この場で歌っているのは間違いなさそうです。

普段はかなり声を加工している印象ですが、
こうしたライブでは生声で歌うことも結構あるんですね。

となると、その生声を聴くためにライブに参加するというのは理由として納得です。